作業現場

素材の種類と特徴

建築現場で足場などの周囲に張り巡らせる建築シートは、落下・飛散物の防止や宣伝の目的で使用されます。建築シートにはターポリンシートとメッシュシートの2種類があり、網状の構造をした後者は風に強いのが特徴です。いずれも1類は2類より厚みがあって強度に優れる他、難燃性の防炎タイプは解体現場等に使われます。

詳しく見る

土のう袋

用途を確認

河川工事などで、水を一時的にせき止める必要がある場合には、準備も早くコストも安く済む土嚢を使うことが一般的です。工期など条件に応じた土嚢袋に現地の砂や土を詰めることができるため、非常に効率的に作業を進めることができます。

詳しく見る

作業員

購入に役立つ知識

会社のロゴなどが入った、大型の現場シートの単価は2万円程度であり、大量注文によって1枚当たりの価格を下げることも可能です。ウェブ入稿が時間とコストを削減する最善の方法であり、既製品を格安に購入したい場合に便利なのは、現場シートの通販サイトです。

詳しく見る

建設現場

施工時のトラブルを防止

建築時や解体時には、現場を建築シートで覆うことが大事です。そうすることで、アスベストなどの粉塵飛散や騒音被害、火災などが防がれやすくなるからです。つまり建築シートの使用により、作業員や周辺住民の安全が保たれやすくなるということです。損害賠償を防ぐためにも、建築シートは多用されています。

詳しく見る

土嚢袋

主な利用目的とは

土嚢袋とは土を入れて使う袋のことです。主な目的は災害対策や土や泥の入れ物です。ただこうした目的だと従来型は重いので吸水型の新しいタイプも登場してきています。防弾用の壁として使われることもあります。新しい使い方として植物を植えるためや、植生目的のものもあります。

詳しく見る

認知度を高められるもの

一軒家

チェックしておこう

住宅やマンション、大型施設などの建設現場では、現場シートというのが欠かせないアイテムとなっています。現場シートは看板シートとも言われており、どういったものが建設されているのかとか完成・オープンはいつであるとか、どこの建設会社が作業を請け負っているのかなどを伝えようとしているのです。宣伝効果は抜群で完成後の集客力アップや仕事の依頼などにつながるとされています。もしこういった現場シートを求めたいのなら専門業者へ相談するのが基本となります。まずデザインについては、サンプルから選択する場合とオーダーメイドで依頼するという2つのパターンが存在しているようです。サンプルで作成する場合は既存のデザインに社名やメッセージを印刷するだけなので素早い納期を求める方にはオススメ、業者の方もなるべく他社とかぶらないよう豊富なラインアップを用意していたりします。そしてオリジナリティにこだわりたいならやっぱりオーダーメイド、ゼロから作り上げるので唯一無二の存在感が示せます。この場合は自分たちでデザインしたものをデータや手描きのスケッチを送り依頼するほか、業者側にイメージを伝えデザインしてもらうことも可能です。その他では現場シートのサイズや素材選びも重要になってきます。サイズなどは建物に合ってないと見づらくなってしまうため慎重に選ばなくてはなりません。素材も同様で長持ちする素材を選べば現場が変わっても用いることができお得です。

Copyright© 2017 【会社の認知度をアップ】現場シートを広告替わりに使おう All Rights Reserved.