施工時のトラブルを防止

建設現場

粉塵飛散や騒音や火災

建築会社や解体業者の多くが、施工の際には建築シートを使っています。なぜなら建築シートを使うことで、施工中の様々なトラブルを防止しやすくなるからです。たとえば解体作業では、通常は建物の屋根から崩していくことになるのですが、屋根材にはアスベストが含まれていることがあります。アスベストの粉塵を吸い込むと、呼吸困難になるなど気管支や肺における問題が生じやすくなります。しかし建築シートで現場をしっかりと覆っていれば、粉塵飛散のリスクは低下します。これにより作業員の呼吸器はもちろん、現場の周辺に住む人々の呼吸器も守られるのです。また建築シートは多くの場合、ターポリンと呼ばれている合成素材で作られているのですが、これには振動を吸収する性質があります。音は振動が伝わることで響き渡るので、振動が吸収されれば、響く音は小さめとなります。つまり建築シートがあれば、周辺住民は騒音被害からも守られることになるのです。さらにターポリンには耐熱性もあるので、使用すれば溶接など高熱を使う作業を、安全に進めていくことが可能となります。たとえ火花が飛び散っても、建築シートによってブロックされるので、火災になりにくいのです。逆に言えば、建築シートを使用していない現場では、粉塵被害や騒音被害、火災などが発生するリスクが高めということです。発生した場合には、損害賠償が必要となることが多いので、それを防ぐために多くの企業が、建築シートを活用しているのです。

Copyright© 2017 【会社の認知度をアップ】現場シートを広告替わりに使おう All Rights Reserved.