用途を確認

土のう袋

品質が違います

土のうというと、一般的な人が思い浮かべるものとしては、災害時の水の侵入を止めるためのものが挙げられますが、実はさまざまなところで使用されています。その中でも、特に河川工事などの水を一時的にせき止めておくための道具として重宝されています。通常、水をせき止めるとなれば、強力な水の力をコントロールするために、コンクリートを使用した大きな堰を築く必要があります。しかし、数ヶ月から1年間といった工事の場合、工期やコストを考えた場合、できる限り安い費用で、素早く対応できる方法を採用する必要があります。そういった時に最も適した方法として、土嚢を積み上げて堰を作るという方法が用いられているのです。この方法であれば、準備するものは土嚢袋だけよく、必要な数の土嚢袋を持ち込み、工事現場である河川の土や砂を資材として土嚢に仕上げていけばよいのです。土嚢袋には、中に入れる砂や土の水分量によっても変わりますが、25kg程度を入れることができ、重ねていくことでしっかりと水を遮断してくれます。この土嚢袋を選ぶときには、どういった工事がどれくらい行われるか、またどういった環境におかれるか、ということを考慮することです。特に、工期が長くなることが予想される場合には、耐久年数の長いものを選択しておくことで、安心してスムーズな工事をすることができます。さらに、工事が終了したときには、土嚢袋に入れた土や砂は、そのまま河川に戻すことができるため、非常に効率的です。

Copyright© 2017 【会社の認知度をアップ】現場シートを広告替わりに使おう All Rights Reserved.